2016年 06月
05 | 2016/06 | 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

君ともう一度会うために作った歌さ

三か月ぶりの更新です。
・・・日々、走ったなあ。

先日、REFLECTIONの発表から一年の記念日でした。
いまだ鮮明に残る、
発売前のドキドキや待ち遠しい気持ち。
さいたまスーパーアリーナのライブ。
渋谷の写真展、スクランブル交差点のビルボード。
そして梅雨入り前のあの爽やかな6月の青空も。

今日はめずらしく一日家にいたので
さいたまのライブを堪能しておりました。(そりゃもう何回もみてるんだけども;)
ほらあたし当日券席で端っこのほうだったから
ステージを正面から観てなかったわけ。だから
一曲目fantasyのあの登場シーンが かっこよすぎて!!
ワンコーラス後の雄叫びも♡
(煙のシルエットが巨神兵みたいだったよね 笑)

さいたま公演はいろいろ見どころあるよねぇ。
乾燥みかん あ、間違えた 未完の間奏で4人がJENくんのところに集まるとこ

足音の間奏では櫻井さんがメンバー一人一人と顔を見合わせるとこ

ここぞってときのお花ギター。

落陽の、花が咲いて樹になってゆく力強いストーリー。

I can make it は「みにくいあひるの子」のデズニーアニメーション。
あれは幼い日に読んだ絵本そのままで、息をのむ演出だった・・・。

どこまでもかっこいい、ロックンロールは生きている。
声のトーンが大好き。ギターソロも。

最初の三曲で ぜったい良いライブになるって確信できるよね。

蜘蛛の糸の面妖な演出とは裏腹に 透き通る切ない歌声。
(会場では耳に手をあててスピーカーにして聴いたっけ)

心のベストテンベスト3に入る 大好きな HANABI と口がすべって。
飛びあがるほどに嬉しかったなぁ。
口がすべってのアウトロでシャウトするとこ・・・素敵だった~~嬉しかった~

ギターを脱ぐ(?)ときに両手でいぇーいって持ち上げるとこ

スタンドからマイクを引きはがすときの手。
もしくは(マイクを仕舞おうと)スタンドを手繰り寄せるときの手。

WALTZでは映像の女性と踊る、斬新な演出。

マシュマロではまるで即興かのような自然で粋なメンバー紹介。
「さいたま、歌えーっ!!」 最高潮^^
あまりにも楽しそうに嬉しそうに笑うから、
こっちが涙でてしまうじゃんか。


どの曲もどの場面も熱がこもっていたね。
最高の一日だったね。
あの日から一年経ったんだなぁ。
毎日、聴かない日はなかったREFLECTION。
再燃の今日、でございます。

DSC_1645^1
窓のそとはブルーモーメント。。。




スポンサーサイト
16:13 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。