2011年 12月
11 | 2011/12 | 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ラッキーラクーン展

2011年もあと残り一日となりましたね。
今日も快晴。北風の寒い日。

「冬休みに行こうね」とちびズと約束をしていた、
スイーツパラダイスに行ってきた。
いわゆるスイーツの食べ放題ね(--)制限時間は90分。
けっこう(時間)あるのよこれが;
“夢”としてはいいけど、スイーツって
そんなにたくさん食べられるってもんじゃないわよね。
まぁ、もう行かないかも(笑


3人でお腹も重たくなった帰り道、井の頭線に乗って下北沢へ。
森田恭子さんが用意してくださった「ラッキーラクーン展」をみてきた。
本誌に掲載された写真や、イラストの展示。
バックナンバーなども置いてあるとのこと。
写真たちはね、ほら掲載されるのは何ショットかのうちの1枚だけど
ほかのショットがあるじゃないですか?そういうのとか未公開のとかの・・・
それもほんの一部なんだろうけどね。

ゆずの、三重県かどこかの港で撮影された写真があって。
台風みたいな悪天候の中で壊れた傘さして二人で笑ってるの。
それが印象に残ったなぁ。岩沢くんがとてもとてもいい笑顔だったなぁ。
あとはひときわ大きく引き伸ばしてポスターみたいに展示されていたのは
キヨシローさん。路地のブロック壁を背に立ってる自然な笑顔の。
ギャラリーのBGMもずっとキヨシローさんのライブ音源が流れていた。
森田さんにとって何よりの大事な宝物ならぬ“宝人”なのだろうな。。。

11123015DSC0889.jpg
初めて降り立った街、下北沢。
案の定迷子になって・・・ぐるぐる歩いて探し回った。
こんなカワイイ案内板にも気付かずに(;_;)

      11123014DSC0888.jpg
       細~い路地の一番奥。お隣りは民家(@@
        小さな小さなギャラリースペース。かわゆす!

11123014DSC0883.jpg
hirocoさんというアーティストさん(?)が手作り。
ラッキーあらいぐまのお部屋。ダンボール箱をアレンジ。フェルトの可愛らしい世界。
(このスペースだけ撮影OKだったの)


      11123014DSC0887.jpg
       扉の奥に見えるかしら・・最新38号での彼の4枚連続写真。
       i-phoneで撮影しました、とのコメントが添えてありました。


「Lucky Racoon」を知って購入し始めたのはいつ頃だったかな。
たぶん かんちゃんのファンサイトで知ったんじゃないかな。
まだフランスにいて、もちろんキムラカンドットコムだって無いし
何の情報もないんだけど このラキラクにはかんちゃんの生活が載ってたんだよね・・
すごいなぁ。
現地の友人たちをアパルトマンに招いての食事会や
帰国が決まって、レンタルしていたピアノを業者に返す時それを寂しく見送る様子や。
それからパリの街のそれはセンスのいい風景写真たち。
今の号よりももっとサイズが小さくて可愛くて
表紙も風景写真を使われていて・・・大好きな“本”だなぁと思っていた。
そう、雑誌ではなくて(少なくともあたしには)本だった。
その頃はまだ、たびたび登場していた本命くんの記事も
あまり真剣に読んでなかったナ(笑
ラキラクと一緒に
どれだけの月日と気持ちと想いと驚きと、
それから計り知れない感動を味わってきたのだろう。
森田さんの一語一句が心の泉に石を落としていった。
ラッキーラクーンナイト。
2006年11月のあの夜、初めて彼の歌を目の前で聴いてから
あたしの“時間”は変わってしまったのだなぁ。
(まさかロケ地に足を運ぶことになるなんて 笑)

感謝をしてもしきれないわ。
だって 人生を変えた一冊なんだから。


 today's photo
11123015DSC0891.jpg
目覚めた瞬間からまた夢ん中
もうずっと
ながいこと
きみの夢をみてんだ

暮れゆく多摩川にて。



スポンサーサイト
23:45 | 日記 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。